JAA認定加盟校 NARD-JAPAN認定加盟校 NPO法人日本ハーブ振興協会認定校

  • 体験ご予約
  • 資料請求

電話受付

Medical Aroma メディカルアロマ特集
メディカルアロマ特集
メディカルアロマ対応講座 NARDJAPAN認定アロマアドバイザー講座 NARDJAPAN認定アロマインストラクター講座
メディカルアロマ情報 メディカルアロマとは メディカルアロマは看護師の価値を高める? 医療の現場で活躍するメディカルアロマ メディカルアロマスクールの選び方 アロマテラピーとメディカルアロマテラピーの違い メディカルアロマテラピーを学ぶ人はどんな人? メディカルアロマは習い事としてどうなの? 介護に活かせるメディカルアロマの活用方法 就職・転職に有利?メディカルアロマって実際どうなの? うつ病に効果あり?メディカルアロマの心理効果 鍼灸師の方必見!メディカルアロマを身に付けてスキルアップ メディカルアロマに使う精油って普通の精油と違うの? メディカルアロマを独学で勉強するためには メディカルアロマで大切な人の心と身体を癒しませんか? メディカルアロマの王道「NARD JAPANアロマテラピー協会」 認知症予防とケアにメディカルアロマ メディカルアロマテラピーとダイエット 「眠れない自分」を「眠れる自分」に変える!

メディカルアロマテラピーとダイエット

メディカルアロマテラピーとダイエットイメージ画像

◆メディカルアロマで、ダイエットを成功に導く◆

ダイエットといえば、筋トレや有酸素運動などの運動をしたり、食べたいものも食べずに食事制限をしたり、我慢ばかりで辛いものというイメージはありませんか?意志の力だけでは、ダイエットはなかなかうまくいきません。精油の力をうまく味方につけて、楽々とダイエットを成功させましょう。
アロマテラピーをダイエットに活用するとき、そのアプローチはいくつかあります。

1、「ストレスによる過食を防ぐ精油」を選ぶ
リバウンドを繰り返しているようなタイプの人は、日頃からストレスが多く、そのはけ口として、食べ物に走っている場合があります。ダイエットの為に食事制限をしたところで、それ自体がストレスになり、結局は長続きしません。こういう方には心のケアとして精油が大きな力を発揮します。例えば、ラベンダーに含まれる酢酸リナリルとリナロールには鎮静作用があり、我慢のイライラで高ぶった神経を鎮め、安定させます。そのほか、サンダルウッドとフランキンセンスも有効で、共に心を鎮める働きがあります。食べ過ぎてしまいそうな時やどうしても間食したくなった時、ディフューザーやティッシュに精油を垂らして芳香浴をするといいでしょう。

2、「食欲を抑える精油」を選ぶ
グレープフルーツやフェンネル、パチュリーには食欲を抑える働きがあるといわれています。パチュリーの独特の土っぽい香りが苦手という人は、グレープフルーツやレモン、マンダリンなど、柑橘系の香りとブレンドすれば使いやすくなります。こちらも食事の前にディフューザーなどで芳香浴をするとよいでしょう。

3、「脂肪を燃焼させる精油」を選ぶ
グレープフルーツの香りの成分には、脂肪を燃焼する働きが確認されています。グレープフルーツにブラックペッパーやフェンネルをブレンドすると、交感神経を活性化し、脂肪の燃焼や代謝をさらにアップさせる効果が高まります。ローズマリー・ベルベノンにも代謝促進や脂肪溶解作用があり、おすすめです。使い方は、トリートメントオイルに精油をブレンドし、気になる部分に塗布します。香りに慣れてしまうと効果が出にくくなるので、サンダルウッドやサイプレス、シダーウッド・アトラスなど時々、ブレンドを変えてみましょう。

4、「体の老廃物を排出させる精油」を選ぶ
グレープフルーツやフェンネル、パチュリーは、食欲を抑えるだけでなく、血液やリンパの流れをよくして、余分な水分や老廃物を排出する働きがあるといわれています。また、むくみ予防にもよいという報告もあります。また、サンダルウッドは、心臓の働きを高めて血流を促すはたらきがあるため、体液の滞りが改善され、ダイエットには効果的です。
そのほか、サイプレス、シダーウッド・アトラス、ローズマリー・ベルベノンも静脈とリンパの流れを促すはたらきが認められています。体内に滞っている余分な水分と老廃物を排出し、むくみや肥満、セルライトのケアにはぜひ使ってほしい精油です。キャリアオイルにブレンドし、トリートメントするとよいでしょう。

◆クリニックでの減量にもメディカルアロマテラピーを導入◆

ここで実際に、病院での減量指導にアロマテラピーを活用している例をご紹介します。60代の女性の例です。

Aさんは、身長が150cm、体重65kmのぽっちゃり体型です。最近は、総コレステロール値が上がり、糖尿病の心配もあり、生活習慣病のリスクを減らす為にダイエットをしたいと思っていました。しかし、これまで食事療法や運動療法に何度チャレンジしても、いつも最初の1ヶ月で挫折していました。なぜなのかご本人もわからずにいましたが、医師がカウンセリングすると、80代後半のお舅さんの介護で疲れ切っており、食べることがストレスの解消法となっていたことがわかりました。そこで、運動療法と食事療法に加えて、心のケアとしてアロマセラピーを取り入れることにしました。使った精油は真性ラベンダーです。

Aさんには、口寂しくて間食しそうな時や食べ過ぎてしまいそうな時、真性ラベンダーの香りをかいでもらいました。すると以前のようにイライラすることが減り、日常気持ちが落ち着いていることが多くなり、食べる量も減ってきました。半年後には見事10キロの減量に成功し、総コレステロール値も下がりました。薬剤の服用でも下がらなかったのに、大きな成果が出たのはダイエットによるものと考えられます。
これまで何度もリバウンドしてきたAさんが、安定した精神状態でダイエットを続けることができたのは、真性ラベンダーのおかげです。三度の食事は、栄養バランスよく腹八分目にし、それ以外で食べたい欲求が起こったら、ディフューザーやティッシュペーパーにラベンダーを1~2滴落として芳香浴を行っていました。どうしても食べたい!と強い欲求が起こった時には、ボトルから直接香りをかいでいました。そのうち、「ラベンダーの香りをかげば、イライラが収まり、食欲にも振り回されないのだ」という認識をもてるようになり、日常生活にも心の余裕が出てきたそうです。

実に手軽な方法ですね。こんな風にダイエットにも大きなパワーとなってくれるメディカルアロマテラピー。あなたもぜひ活用してみてください。

S